• arigatoustaff

ありがとう市場で出会える 地球と人に優しい「オーガニックコットン」

こんにちは、ありがとう市場スタッフのまほです。


普段から身体に良い物を使っている方、そしてオーガニックに興味のあるみなさんに、ありがとう市場で販売しているオーガニック商品をご紹介します。


今回はオーガニックコットン、オーガニックマスクをご紹介しますが、

オーガニックコットンとは何なのかも併せて知っていただけたらと思います。



オーガニックコットンは地球と人に優しくできている

引用元:Pexels


オーガニックと書いてあるものって、それだけで肌に良さそうだったり地球に良さそうな印象を受けますが、オーガニックコットンがどのように作られているかご存じでしょうか?



オーガニックコットンとは


オーガニック農産物の基準に従い2~3年農産物を育てることで、認証機関に認められた農地で、栽培に使われる農薬・肥料の厳格な基準を守って育てられた綿花のことです。


綿花は紡績、織布、ニット、染色加工、縫製などの製造工程を経て最終製品となります。


この全製造工程を通じて、オーガニック原料のトレーサビリティーと 含有率が確保され、化学薬品の使用による健康や環境的負荷を最小限に抑えたものを、オーガニックコットン製品というそうです。


そして、ここからが重要なんですが、

化学薬品による健康と環境への負荷を最小限に抑えることだけでなく、生産者たちの労働の安全や児童労働などの社会的規範を守って製造したものをオーガニックコットン製品と言います。


参考HP:日本オーガニックコットン協会



普通のコットンとの違い


収穫されるコットンそのものには大きな違いはありません。

大きな違いは、環境と人への優しさです。


普通の綿花の栽培は、大量の化学肥料と農薬を使用して作られています。

その薬品によって環境が汚染され、地球で暮らす私たちに回りまわって返ってきます。


また、綿花の栽培や加工・縫製工場のほとんどは発展途上国で行われていて、農民の生活が犠牲になっていたり、学校に行けずに駆り出される子どもたちがいるのが現状です。


そんな、環境問題や人権問題の改善を目標にしているのがオーガニックコットンです。



ありがとう市場のオーガニックコットン「sisiFILLE(シシフィーユ)」


忙しい毎日を生きる現代の女性のために、自分自身のケアを大切にしてほしいというコンセプトで、女性に嬉しい商品を取り扱っているシシフィーユ。


こちらのフェイシャルコットンやマスクは使い心地も肌触りもとても良いです。



フェイシャルコットン

引用元:sisiFILLE


オーガニックコットン100%の無漂白フェイシャルコットン。

丁寧に手摘みされているため、ふんわりとした触感で肌触りはしっとりとしています。



マスク

引用元:sisiFILLE


表面シートにオーガニックコットンを100%使用した使い切りタイプのマスク。


オーガニックコットンで使い切りタイプのマスクは業界初。

花粉やウィルス飛沫、PM2.5などもしっかりブロックしてくれます。


やわらかな肌触りで化学繊維のマスクが肌に合わない方にもおすすめです。




さいごに

引用元:pixaby


シシフィーユのオーガニックコットンはタンザニア産を使用しています。


現地の女性就労支援やインフラ整備支援などを行うbioReプロジェクトから生まれたもので、フェアトレードにも力を入れています。


地球にも人にも優しい、全てに優しさのあるオーガニックコットン。

実際に使用して気持ち良さを体感してみてください。


129回の閲覧